出願から登録に至る知財「手続き」実務ノウハウ講座(意匠・商標)

~強い権利取得へ向けた意匠・商標の出願から登録まで~

講師:青木 博通 氏
ユアサハラ法律特許事務所
パートナー・弁理士

価格(税込) お申込み ※1/28~
個別
会員:17,500円
一般:20,000円

銀行振込・得意先コード

電子決済(一般価格)
 準備中 
準備中
集合研修

【5名パック】 
会員:75,000円
一般:85,000円
【10名パック】
会員:140,000円
一般:160,000円
準備中
【5名パック】
準備中
【10名パック】
準備中

  〇 申込種別の詳細   〇 受講における注意事項   〇お申込み~ご視聴までの流れ

◆意匠法、商標法で厚く保護される「強い意匠権」、「強い商標権」とは何か、法律の基本構造を踏まえて説明します。
◆強い意匠権及び商標権を確立するには、まず、事前の調査が必要です。
 次に、その調査結果に基づき、出願すべき意匠及び商標を決定し、自社の意匠及び商標の実施(使用)が確保できるように、また、模倣品を排除できるように、出願書類を作成する必要があります。
 さらに、拒絶理由を受けた場合には、権利が狭まらないように、かつ、登録できるように対応する必要があります。
◆本講座では、強い権利形成のための、調査から登録までの手続きノウハウについて解説するとともに、情報提供、異議申立、無効審判についての手続きノウハウについても最新の裁判例・改訂審査基準に基づき解説します。
◆また、改正意匠法(2020年4月1日・2021年4月1日施行)の概要ついても解説します。
◆本講座を受講することにより、強い意匠権及び商標権の権利形成ノウハウを身に着けることができます。

◇企業や特許事務所で知的財産業務に携わる3年~5年の方や技術開発、研究開発に携わる技術者・研究者の方々にとって最適な講座です。

※講義内容は2021年1月1日を基準とするものです。

【講義時間】
約5時間10分(意匠:約2時間40分 / 商標:約2時間30分)

【講義資料ご提供方法】
※準備中

Chapter
Ⅰ 意匠 Ⅱ 商標

1.改正意匠法の概要等
2.「強い意匠権」とは何か?
3.出願から登録までの手続の流れ
4.意匠登録出願の受任とチェック項目
5.意匠調査のノウハウ(どの部分を調査すべきか)
6.意匠登録出願のバリエーションと
  願書作成のノウハウ
7.意匠権の効力範囲と拒絶理由への対応
  (意見書、手続補正書、出願分割、禁反言等)
8.無効審判請求のノウハウ
9.出願書類の記載・中間処理と意匠権の効力範囲に
  関する裁判例の検討
10.国際意匠登録出願についての拒絶理由への対応


1.「強い商標権」とは何か?
2.出願から登録までの手続
3.商標登録出願の受任と担当者としての対応
4.商標調査のノウハウ
5.商標登録出願のバリエーションと
  願書作成のノウハウ
6.拒絶理由への対応(意見書、手続補正書、
  出願分割、禁反言、不使用取消審判)
7.情報提供、異議申立、無効審判の比較と
  各手続ノウハウ
8.出願書類の記載・中間処理と商標権の効力範囲に
  関する裁判例の検討
9.国際商標登録出願についての拒絶理由への対応
10.改正商標法・施行規則
11.新しいタイプの商標の出願方法

チラシはこちらです。