ビジネスの視点からみた実務家が押さえておくべき商標法のポイントと対応策〈アーカイブ〉

~ブランド構築を狙った改正商標法・意匠法を踏まえて~

講師:青木 博通 氏
ユアサハラ法律特許事務所
パートナー・弁理士

◇2023年3月31日までの限定販売です。

◆商標の実務家が押さえておくべき商標法のポイントを、ビジネスの視点から解説します。
◆まず、商標制度の基本的な考え方、ブランド構築を狙った改正商標法・意匠法を解説して、このような枠組みを利用して、どのように商標の保護・活用を図っていくべきか解説します。
◆ビジネスの場が、「リアル」→「インターネット(SNS)」→「メタバース」と広がりをみせており、デ・ブランディング(Debranding)などの新しいブランディングの手法もとられています。これらを前提にした、商標の出願戦略についてもお話します。
◆後半では、商標の抹消、商品の小分け、ハッシュタグ、メタタグ、メタバース、NFTなど最近問題が顕在化している商標権侵害の態様や、オーバーラップ(立体、アイコン、建築物、内装など)が進む商標と意匠の権利侵害判断基準の違いについても解説します。
◆ポイントをしぼったパワーポイントによる軽いタッチの解説で、ぐんぐん頭に入る講座となっております。是非ご参加いただきますようお願いいたします。

◇本商品は、2022年9月5日(月)ライブ配信のアーカイブをよりご視聴しやすく編集したものです。

【講義時間】
約2時間35分

【講義資料】
PDF(印刷可・透かし入り)

  お申込メニューの表示/非表示(こちらをクリックしてください)
プラン
プラン内容 価格(税込み)
 お申込み
個別

1名様用プランです。
1~4名でお申込みの場合はこちらをご利用ください。
受講者様全員にアカウントを設定します。
※受講者様以外のご視聴はできません。

【1名様】

会員   9,775円
一般 11,500円

銀行振込・
得意先コード

電子決済
※一般価格のみ
 
おまとめ 

個別アカウント5名・10名分おまとめ割引プランです。
受講者様全員にアカウントを設定します。
※受講者様以外のご視聴はできません。

【5名パック】

15% OFF
会員 41,540円
一般 48,875円

ご相談ください
online@jiii.or.jp

【10名パック】

20%OFF
会員 78,200円
一般 92,000円

※おまとめ・集合研修のパック人数を超えるご受講料金は、[各パック利用金+個別1名分×パックの超過人数]となります。
 例)会員様7名→おまとめ5名パック+個別2件=41540+9775×2=61,090(円)
受講における注意事項   〇お申込み~ご視聴までの流れ

解説内容

1.商標制度の考え方の基本
(1)同一商標以外は使うな
(2)著名商標の保護は厚い
2.改正商標法、改正意匠法の目的(ブランド構築)
3.裁判例からみた問題のあるネーミング
4.商標のヒエラルヒーとその特徴
(1)強い商標と弱い商標
(2)ハウスマークとプロダクトマーク
5.商標の種類と選択(文字から音・色彩・内装まで)
6.商標の使用されるマーケット(リアル、インターネット、メタバース)
7.商品・役務の種類と選択(リアル、インターネット、メタバース)
8.ビジネスの流れと商標保護のタイミング
9.商標調査の際の注意点
10.商標出願の際の注意点
(1)Debrandingとの関係
(2)指定商品の限定と不使用取消審判

11.意外な拒絶理由(最近の動向)
12.商標は管理が重要
(1)不使用・不正使用取消審判対策
(2)普通名称化防止
(3)感動を与える商標の復活劇
(4)雉も鳴かずば撃たれまい
13.商標権侵害
(1)商標の抹消、商品の小分け、ハッシュタグ、メタタグ、メタバース、NFT等
(2)商標機能論、商標としての使用、商標権の効力の制限との関係
14.商標なのか?意匠なのか?
15.立体商標と意匠の侵害判断の違い

チラシはこちらです。